電子書籍写真集出版講座(Amazon kindle)

電子書籍写真集「旅カメラvol.1 Paris|パリ」椎名トモミ

Amazon Kindleで電子書籍写真集を出版できます!

写真を撮っていると、自分が撮影した写真(作品)を沢山の人に見てもらいたいと思いますよね。
私もグループ展で作品を発表したり企画展に参加したりしてきましたが、ギャラリーを長く借りるとそれだけ費用が掛かるため会期も短く、友人知人に案内をしても忙しいとなかなか足を運んでもらえませんでした。

自分が撮った写真をまとめたものを沢山の人に見てもらうには??と思っていた時に、リブラクリエイションの高橋貴子さんの電子書籍写真集出版講座を知り、受講しました。
人気のある写真家なら出版社が写真集を作ってくれますが、そうでない場合は自費出版になり多額のコストがかかります。でも、電子書籍の写真集ならコストもかからず・すぐに出版でき、沢山の人に写真をみてもらうことができます。

私の目的は、写真集を販売して印税を得るということではなく「沢山の人に写真を見てもらいたい」ということだったので、3か月に5日間設定できる無料ダウンロードキャンペーンを利用して多くの方に写真集をダウンロードしていただきました。ダウンロード数も分かるのでとても嬉しかったです。

キャンペーンではないときに写真集を購入してくれる方もいて、印税も入ってきました。

この講座を受講すると自分の写真を一冊の写真集にまとめて電子書籍で出版できます。写真の選び方・組み方などのアドバイスも一緒にいたします。

この講座について

難しいHTMLの言語は使わずに、アマゾン配布の無料ソフト「コミッククリエーター」での製本で、電子書籍写真集を作成・出版できる講座です。
本セミナーはリブラクリエイション社のライセンス規約に則って運営されております。セミナーのお申し込み時に、リブラクリエイション社の利用規約を確認・同意していただく必要があります。

このような方にオススメ

  • 自分の撮った写真を作品集としてまとめたい方
  • 自分の写真集を沢山の人に見てもらいたい方
  • 教室の生徒さんに配布できるような電子カタログが作りたい方(例:パン・お菓子・お料理・フラワー・雑貨など)

講座内容

STEP1

  • 電子書籍と、電子書籍市場について
  • アマゾンキンドルとは?
  • KDP(キンドルダイレクトパブリッシング)について
  • 出版の下準備 
  • KDPに登録する
  • 印税と米国源泉税について
  • 写真集の企画/構成について
  • タイトル 出版データーを作る
  • kindle comic creatorをインストールする
  • kindle previewerをインストールする
  • 表紙の役割とデザインについて
STEP2
  • Kindle Comic creator の操作をしてみる
  • コミッククリエーターのファイル形式(mobi)について
    1. 写真のアップロード
    2. 表紙、まえがき、目次、あとがきをアップロード
    3. 写真の追加削除
    4. ページ構成を作る
    5. ファイル名を変更する(番号はプレーンテキスト)
  • kindle previewerの使い方
  • タブレット端末デバイスでの見え方の確認をする
STEP3
  • 仕上げた写真集の内容チェック →修正などのアドバイス
  • KDPの使い方
    1. 管理画面の見方
    2. 新しい本を登録&出版する(価格とロイヤリティ)
    3. KDPセレクトへの登録 無料販促キャンペーンなど
  • 出版後の宣伝・販促について
  • 実際に本を出版する

受講料その他

受講料

43,200円(税込)

日時

ご都合のいい日を相談のうえ決めさせていただきます。
2時間半 x 3回の講座ですが、お忙しい方は1日でまとめて受講することもできます。

場所

東急目黒線武蔵小山近くの会議室、それ以外の場所は相談に応じます。

持ち物

ノートPCと電子書籍を読むためのデバイス(kindle・iPad・スマートフォンでもOK)

定員

4名まで。最少催行人数は設けず1名から対応いたします。※2016年末まで